鶏とりのらぁめん(塩)も(醤油)も絶品@ramen case-K

シェアする

ツイッターで2周年のツイートを見て思い出したようにramen case-Kさんに奥さんと2回目の訪問。

以前書いたブログを見るとオープン間もない頃に伺って、あまりの美味しさにリピート決定と書いておきながら2年近く行ってませんでした。

家の近くには幸運なことにとものもと小むろなど淡麗系の美味しいラーメン屋さんが多くありラーメンローテーションから外れてました。

スポンサーリンク

ramen case-K

京成大久保駅から商店街を歩いて5分。

初めて来たときは場所がわからず通り過ぎてしまいました、ラーメン屋さんが4件入っている雑居ビル1Fの奥。

ramen case-K

外の雰囲気とはまったく異なりオシャレなカフェ風。

2年前の訪問時は醤油のみでしたが塩と煮干しが増えてます。

醤油の美味しいさの再確認と新しい塩をチョイス。

とりのらぁめん(醤油)

醤油のいい香りがします。

ちょっと赤っぽい醤油スープに細麺、チャーシュー2種類に極太メンマ

鶏油の旨味とちょっと酸味感じる醤油。

麺はツルツルの細ストレート。

軽く焙ったバラチャーシューいい香です。

しっとり鶏チャーシュー。

極太メンマ

醤油、やっぱり美味しい大盛にすればよかった。

とりのらぁめん(塩)

チャーシュー2種類に極太メンマとトッピンは醤油と同じ。

鶏油の旨味たっぷりでスープはほんのり黄色感じ。

鶏と魚貝系の旨味がガツンときます、ハッキリとした塩のあじ。

ちょおと珍しい感じの塩味でものすごく美味しい。

トッピンと麺は醤油と同じツルツルの細ストレート。

醤油・塩、両方ともハイレベルなラーメンでご馳走さまでした。

関連ランキング:ラーメン | 京成大久保駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする