チキンレッグで丸鶏風のローストチキン作った!

シェアする

丸鶏で作ったローストチキンは美味しいので時々作ったりロティサリーチキンを買ってきたりします。

ちなみにロティサリーチキンとは鶏を1羽まるごと、串に刺して回転させながらあぶり焼きにした料理のことを言うそうです。

DSC_0372

写真は時々作る丸鶏ローストチキンです。

家では串に刺して回転させながらあぶり焼なんかできませんので丸鶏をオーブンで焼くだけです。

難点が丸鶏自体が高いのとスーパーではクリスマス時期以外はあまり見かけません。

スーパーで売っているチキンレッグは結構大きいのでこれが丸鶏ならどの位の鶏かと思うほど大きいいです。

チキンレッグだけをオーブンで焼いてもなぜか丸鶏の様なジューシーな味になりません。

焼くとき切った肉の断面から水分が逃げているのではないでしょうか?

丸鶏には断面が無く鶏皮でおおわれているので外はパッリ、中はジューシーになると推測しました。

スポンサーリンク

合体して丸鶏風

チキンレッグ2本を合体させて断面が無く鶏皮で覆われた状態を作り丸鶏風にローストしてみました。

鶏肉

写真 2017-12-24 14 38 21_R

 チキンレッグ2本とむね肉を用意。

改めて見ると丸鶏よりはるかに大きいです、むね肉はチキンレッグの中に包める位にカットしました。

スタッフィング

写真 2017-12-24 14 39 54_R

丸鶏の場合スタッフィングと言ってお腹にお米や香味野菜などを詰めますが今回は香り付のローズマリーのみ挟みます。

そしてカットしたむね肉も一緒に挟みます。

両方右足

写真 2017-12-24 14 40 15_R

挟んでみると重大な事が判明しました。

なんと2本とも右足です!

2本1パックで買うと同じ足がセットされている様です、パックするとき右と左を入れると方向的にパックし難い為でしょう。

丸鶏風を目指しましたが今回はビジュアルは諦めます。

合体

 写真 2017-12-24 14 44 09_R

 タコ糸で縛ります。右足ふたつがちょっと不気味です。

写真 2017-12-24 14 46 19_R

端の方は爪楊枝で止めて肉の面が見えない様にしました。

味付け

写真 2017-12-24 14 49 08_R

エルブ・ド・プロバンス(ハーブミックス)やクレイジーソルトを振りかけてオリーブオイルを塗りました。

エルブ・ド・プロバンスは塩分が入ってないの完成した料理の最後に一振りやクレイジーソルトと合わせてお好みの塩分に調整できます。

写真 2017-12-24 15 01 16_R

 ここからは普通の丸鶏と同じ工程です。

180℃に予熱したオーブンで45分焼、裏返して20分ほど焼きます。

写真 2017-12-24 16 43 13_R

良い感じです、表面をもっと焼いてもいいですが今回初めてで焼き加減が解らないのでここで終了します。

完成

写真 2017-12-24 18 19 46_R 

カットしたむね肉の残りはフライドチキン風に揚げました。

写真 2017-12-24 18 20 50_R

大成功です、丸鶏の様に中はジューシーです。

写真 2017-12-24 18 21 16_R

むね肉もしっとりしてパサついていせん。

丸鶏のローストチキンと同じ味です、骨は足の太い骨だけで切り分けも簡単でガラがほとんどありません。

食べるところいっぱいです。

まとめ

見た目にこだわるならチキンレッグをスーパーで買う時に右と左を確認しましょう、あと手羽元などもくっつけて焼くとより丸鶏風になると思います。

また、今回作って思ったのがむね肉を大きくしてレッグを3本とか4本合体させてにして人数分のレッグを丸鶏風に焼くことも可能です。(奇妙な見た目になるでしょう)

丸鶏の様に切り分けた時の部位で揉める事が無くなります。

丸鶏を買うより安くて大きいチキンレッグが食べれることが解りもう丸鶏は買う必要が無くなりました。

次回はスタッフィングにも凝って作ってみます。

簡単ですので皆さんも作ってみてはいかがでしょう!