洗車のド素人がブードゥーライドシルクを使ったらビックリするほど綺麗に!

シェアする

車は購入から5年のワーゲンポロの黒

青空駐車場で月に1回程度、ガソリンスタンドの洗車機に通すぐらいで特に手入れなし、購入した時にサービスで施工しくれたコーティングのみ。

先日、ガソリンスタンドの店員さんに「水垢もかなり付いてますし、鉄粉も落としてコーティングすれば見違えるほど綺麗になりますよ」って言われました。

水垢は確かに付いてる気がするけど「鉄粉って?」

世の中には洗車好きな人には当たりまえでも、普段あまり洗車にこだわりのない者にとっては「鉄粉ってなに?どこに付いてるの?」って感じでした。

そこでちょっと本気で洗車してみることにしました。

スポンサーリンク

VOODOORIDE(ブードゥーライド) SILQ(シルク)

購入の決めては水垢も取れて同時にコーティングできると一石二鳥の商品。

環境にも優しいらしいが何故かドクロマーク。

ついでに鉄粉除去のねんども購入。(amazonで合わせ買い対象商品。)

洗車機でシャンプー洗車して自宅マンションの駐車場に戻って鉄粉除去します。

ほんとは洗ってすぐ始めないとホコリや砂が付きますが場所がないので駐車にバケツを持って行き水を掛けながらやってきます。

正直、鉄粉なんか付いているようには見えません。

そして、濡らしながらとは言えねんどでボディー擦って大丈夫かな?っと心配に!

恐る恐る、優しくボディーに滑らせてみると一瞬で茶色に!

これが鉄粉?

汚れている面を内側に折りたたんでいきながら全体を施工、これが意外と時間がかかり全体をなでなでするのに30分ほどかかりました。

確かにツルツルになってます。

続いては本題のブードゥーライドシルクを使ってみます。

近くでみると確かに水垢で全体にくすんでいるような気がします。

ネットでは環境に優しいと書いてましたがマンションの駐車場でこのマークを見られたらなんかヤバいものを使っている感じがします。

硬く絞った湿ったマイクファイバーでサーっと塗って、乾かないうちに拭き取ります。

左側が塗った所ですが一目瞭然です!

えっこんなに違うの?

そして全面に塗ったあと驚きの発見がありました。

この車、黒ではなくパールブラックでした。

いつのまにか水垢でくすんでラメのキラキラが見えなくなっていたのです。

近くで見ても水垢がありません、他の商品を使ったことが無いのでこの商品が特別優れている訳ではないのかも知れませんがこんなに劇的に変わるのなら大満足です。

洗車に興味ない方でも十分実感できますよ!


スポンサーリンク

シェアする

フォローする