UpdraftPlus Backup/Restoreでwordpressでバックアップ。

シェアする

このサイトは全く知識がない状態で色々なサイトを見ながら動作も良くわからず紹介さるままにプラグインを導入してました。

最近、やっとwordpressのことが少し解り始めたのでもう一度新しいサイトを構築しながら備忘録も兼ねて本当に必要なプラグインを初心者目線で紹介します。

まずはバックアップを紹介します。

UpdraftPlus Backup/Restore

2017-09-28_10h55_47

プラグイン→新規追加→プラグインの検索

「UpdraftPlus Backup/Restore」を入力して検索します。

2017-09-28_10h14_04

 検索にヒットしますので「今すぐインストール」をクリック。

2017-09-28_10h52_56

インストールが完了し「有効化」をクリック。

色々なサイトでプラグインの紹介されてますが以前は「インストール済みプラグイン」の項目に戻って有効化してましたが現在はこのままここで有効化できます。

2017-09-28_11h06_21

バックアップ

「インストール済みプラグイン」ですでに有効化されてますので実際にバックアップします。

「設定」をクリックします。

2017-09-28_10h45_48

 「今すぐバックアップ」をクリックします。

2017-09-28_11h12_45

デフォルトままでOKです。

「今すぐバックアップ」をクリックします。

2017-09-28_11h14_44

バックアップが始まり数分で完了します。

2017-09-28_11h17_05

完了です。

簡単にバックアップができます。

復元

復元したい場合は復元をクリックするだけです。

2017-09-28_10h45_48-1

その他

バックアップのタイミングやバックアップ先を指定することもできます。

2017-09-28_10h46_53

 バックアップのスケジュールを設定でます、4時間~月まできます。

私の場合は設定を変更したり投稿したあとに手動で行っています。

2017-09-28_10h47_19

バックアップ先を別のクラウドサービスにすることも可能です。

このサイトはDropboxにしていますがレンタルサーバー会社が復元できないほどクラッシュはそうそうないので新しく構築しているサイトは設定してません。

私もそうでしたがサイトを見ながら設定する初心者には複雑な設定は必要ないと思います。

よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする