自作の静電気防止には靴底にホッチキスが効果的!

シェアする

訪問先の倉庫で安全靴を履く必要がり、いつもは外来者用の安全靴を借りてましたが今年は週1回程度のペースで訪問することになりいちいち借りるのも面倒なので安全靴を購入。

その訪問先でしか履かないのでワークマンの店頭で一番安い980円の安全靴を購入。

履き心地は問題ありませんでしたがバチッと猛烈な静電気が来るようになりました。

靴を借りていた時は感じませんでしたがこの靴を履くと2~3分置きにバチッ

指先だけでなく金属に近づいただけで肩や腕から放電します。

不快な領域を超えて心臓に悪いのではないかと思うレベルです。

スポンサーリンク

靴底が原因

ネットで調べて見ると靴底が人工素材・ラテックスなどゴム底は静電気が溜まりやすい。

静電気防止の安全靴には溜まった静電気を地面に流す(アース)の機能があるようでミドリ安全さんのHPで分かりやすく説明されてました。

バチッとくる静電気!冬場の乾燥した季節に悩まされていませんか?
ミドリ安全の静電靴なら靴底の表面全体から静電気を地面に逃がし、スパークの発生を防止するために開発されました。
静電気による火災発生件数は年間およそ70~80件にものぼり、しかもタンカー火災など、大規模な災害につながりやすいこと事実です。
ミドリ安全の静電安全靴・静電作業靴で安全で快適に作業しましょう!

ミドリ安全HPより

借りていた靴は静電気防止のタイプだったようです。

静電気防止機能の付いた安全靴を買えばよかったと後悔しても後の祭りです。

これから買う人は静電気防止機能が付いた靴にしましょう。

自作の静電気対策

買いな直すのも勿体ないので自分で静電気対策を試みました。

体に溜まった静電気を地面に流すアースを作ることにしました。

アルミテープ

家にあったキッチン用のアルミテープを細く切り靴に貼り付け。

靴の内側から靴底まで貼りました。

効果はありく静電気は無くなりましたが結果的には失敗でした。

靴の内側と靴底は擦れてすぐに剥がれしまい1時間ほどでバッチとくるようになりました。

ホッチキス

最初はクリップをつけようかと思いましたがホッチキスの方がダイレクトに刺さるので簡単。

地面と靴底が接するとこに4か所ホッチキスを打ち込みアース替わりにしてみました。

触った感じは特に出っ張りもなく履き心地は変わりません、倉庫の床はコンクリートなのでこの程度で傷がつく感じはありません。

結果は大成功!

ホッチキスの効果は絶大で一度も静電気に見舞われることはありませんでした。

5回ほど訪問して述べ20時間以上履きましたが一度も静電気は来ませんでした、靴底のホッチキスも取れていません。

取れても簡単なのでまた打ち込めばいいだけです。

クロックスの静電気対策

そういえば会社でも革靴でいる時はあまり静電気は来ませんが上履きに使っているクロックスを履くと静電気が来るような気がします。

簡単なのでクロックスにもホッチキスを打ち込んみました。

10年以上履いているので靴底もだいぶ擦り減っていいます、4か所打ち込こむと静電気が無くなりました。

安くて簡単で効果抜群です。

新しいクロックスにホッチキスを打ち込むのは抵抗があると思いますが静電気に悩まされていると言う方は試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする