楽天スーパーポイントを楽天edyに交換したらコンビニで使える!

シェアする

出典:Rakutenより

最近、楽天カードは使っても楽天市場の通販はどんど使わなくなりました。

理由は送料で通販のほとんどはAmazonかヨドバシ.comまたはビックカメラ.comで買うのがほとんど。

ヨドバシ.comとビックカメラ.comも最近では日用品もあり送料無料(一部有料)でしかもポイントまでついて来るので1番ビックカメラ.com、2番ヨドバシ.com、3番amazonプライムの順で検索すると送料無料で欲しい商品が見つかり楽天市場で買うことがほとんどありません。

送料無料が魅力でネットで買い物をするときはほぼAmazonで検索していましたが、実はヨドバシカメラとビックカメラのネット通販サイトは(2018年7月現在)送料無料となっています。 ネット買い物するときは一度、ヨドバシやビックカメラもチェックしてみる価値はありますよ!

楽天カードは還元率がいいのでクレジットカードは楽天カードがメインで公共料金の支払いも楽天カードでしていると知らないうちに楽天スーパーポイントが貯まってきます。

スポンサーリンク

楽天Edy

余った楽天スーパーポイントを楽天Eedyに交換すればコンビニなどでも使えてネットでしか得なかったポイントが現金化したように使い道が増えます。

「Edy」と「楽天Edy」の違い

Edyを運営していたビットワレット株式会社が2016年に楽天グループの傘下に入り名前とロゴが変わっただけで同じものです。

もともとEdyが使用できる店舗では以前のEdyカードも楽天Edyのカードも問題なく使えます。

だだし、楽天スーパーポイントをEdy交換チャージできるのは楽天Edy付き楽天クレジットカードか「楽天スーパーポイントを貯める」設定が完了しているスマホです。

楽天Edyへ楽天スーパーポイントをチャージする

とっても簡単です、流れは楽天ポイントクラブのHPで申請→ファミリーマートの端末で操作して受け取りです。

https://point.rakuten.co.jp/にアクセス、ログインしていない場合はログイン。

利用可能ポイントが楽天Edyに交換チャージできるポイントです。

この場合は11,089ポイントを交換可能で11,089円分です。

期間限定ポイントは交換チャージできません。

ポイント交換をクリック

いろいろの交換方法がありますが今回は楽天ポイントをEdyに変えるので一番上の交換するをクリックします。

途中で再度ログインを要求してくる場合がります。

交換チャージした楽天edyも200円毎に1ポイント楽天スーパーポイントが貯まります。

ポイントチャージ申請をクリック

始めての場合は申請から7日間掛かりますが2回目以降は最長2日です。

Edy番号はカードの裏にあります。

クレジット番号とは違いますので注意。

チャージしたい楽天Edy番号が表示されていない場合は右下の全ての楽天Edyをクリックすると複数の楽天Edyaカードが表示されます。

ここで表示されない楽天Edyaカードには交換チャージはできません、楽天スーパーポイントを貯める設定になっているカードのみです。

今回は10,000円をチャージしました。

サイトでの申請はこれで完了です、2日後位にファミリーマートの端末で受け取りをすればチャージされます。

操作はとっても簡単で1分程度です。

これでコンビニなどEdyが使える店舗で使用できます。

楽天市場でしか使い道がなかったポイントがほぼ現金化したのと同じです。

一度、楽天スーパーポイントを確認してはいかがですが

意外と貯まってるかも?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする