大阪あまからビーフカレー白銀亭のレトルトは美味しいのか?

シェアする

大阪あまからビーフカレー白銀亭

最近は大阪のカレーとしてはスパイスカレーが有名ですが大阪には昔からあまからカレーと言うジャンルがあります。

最初につよい甘味があり、その後ガッツン辛みがくるあまからカレーです。

東京にもインディアンカレーや上等カレーは進出して食べることはできますが、一番すきなあまからカレーの「白銀亭」は関東にありません。

大阪に住んでいた時はビジネス街の本町駅近くにあり、かなりの頻度で食べてました。

白銀亭が無性に食べたくなり「S&B噂の名店」シリーズ「白銀亭 大阪あまからビーフカレー」を買ってみました。

スポンサーリンク

「白銀亭 大阪あまからビーフカレー」

白銀亭の魅力はパッケージにある通りフルーツの甘味みと押し寄せる辛味です。

レトルトでどのくらい再現されているのでしょうか!

作り方は湯煎かレンジです。

パッケージの中身はレトルトのルーのみ、スパイス的な物は無し。

今回、茹でたホウレン草をトッピングしご飯に覆いかぶさるように湯煎したレトルトのルーを掛けることにしました、白銀亭でよく食べていたホウレン草カレーをイメージ。

(スマホに残っていた数年前の写真、今も同じか不明す。)

5分ほど湯煎して完成。

実食!
記憶に残る白銀亭より最初の甘さが足りない感じはしますがかなり近い感じでひと口は辛くありません、フルーツっぽい甘さが来て胡椒系の辛さがガツン来ます。
3口目ぐらいからほんおり汗が出てきました、白銀亭はお店の前に「辛口カレーカレー専門店」と書いてあるくらいの辛口のカレーです。
食べ終わる頃にはけっこう汗が出ました。
パッケージにある辛味順位表で5位以上のHOTで辛いのが苦手方は無理なか辛さです。

感想

白銀亭のカレーを最後に食べて数年経ってますが白銀亭を思い出す味でした。

辛口のレトルトカレーとしても「白銀亭 大阪あまからビーフカレー」はかなり美味しいカレーです、辛口が好きな方におすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする