食べた後のパイナップルを植えたら3年でパイナップルが採れたしかも無限に増えそう!

シェアする

パイナップルを食べた後の葉っぱをベランダで植木鉢に植えたら3年でパイナップルが採れたのでちょっとブログで報告します。

ブログに書くつもりが無かったので経緯の写真はほとんどありませんが普段ベランダでハーブを育てるくらいの素人でも簡単にパイナップルが出来たので誰でもできますよ!

スポンサーリンク

パイナップルの栽培

2017年1月ごろ植木鉢に植えたパイナップル。

ちょっと観葉植物的な感じで始めてました。

2018年8月ごろ、葉っぱが伸びてます。

2018年11月ごろ、寒い時期は部屋に入れてました。

2019年1月ごろ

2年でかなり大きくなってます、葉っぱが鋭く当たると痛い。

場所をとるので葉の先はカット。

2020年4月、突然変化!

花?穂?が出てきました。

2020年6月ごろ 小さいパイナップルが出現。

2020年7月ごろ、気温が上がって来て一気に成長。

完全にパイナップルです。

2020年9月ごろ支えの棒を付けましたが身の重さで折れてしまいました。

まだ小さくて青いですが折れたので収穫。

食べられる感じはないのでオブジェとして飾る。

1週間ほどするとなんと黄色くなってちょっと甘い匂いがでてきました。

色が変わり始めて3日程度で完全に黄色になりパイナップル匂いが出てきました。

パイナップルを食べてみる?

かなり小さいですがカットしてみると

小さいですが完全にパイナップル、とても甘い。

軽い気持ちで植木鉢に植えましたが3年でパイナップが出来ました。

途中で折れて大きくなる前に収穫したので折れなければもっと大きく出来たでしょう。

無限に収穫?

今回、切り離した葉っぱの部分も植えると3年後にはパイナップルが出来るはずです。

折れた収穫した植木鉢の方は放置していると横から新しい芽が出てきました。

身から切り離した葉っぱと収穫後の植木鉢から再生した葉っぱで2つに増えました。

3年後には2つのパイナップルが出来ることになり毎回、植えていくと2乗で無限に増えて行く計算です。

大きくなるとスペースをとるので植木鉢のパイナップルだけを育てて事にしました。

また3年後を楽しみに育てます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする