家族3人香港マカオ3泊4日の旅行記⑥マカオから香港経由で帰国

シェアする

家族3人香港マカオ3泊4日の旅行記⑤黄金に包まれたベネチアンマカオの続き

昨日は気が付きませんでしたが向かいのギャラクシーホテルのプールが見えます。

あそこには世界最長の流れるプールがあります、回りは工事をしているようでホテルの建設ラッシュは続きそうです。

昨日、朝食用に買ったロード ストーズ ベーカリーのエッグタルト。

パイ生地のサクサク感はありませんがよりタマゴ感が増して冷めても美味しいです。

もっと買っておけば良かったと後悔。

スポンサーリンク

朝のベネチアンマカオ

奥さんと娘の準備の間にちょっとベネチアンマカオの中を散歩してみました。

昨日は時間が遅かったのでゆっくり見ませんでした。

ブランドショップはオープン前で人はいません。

ベネチアンマカオの名物の運河も静かでゆっくり見れます。

シンガポールのマリーナベイサンズもホテル内に運河がありましたがこちらの方が規模が大きい。

ちょっとベネチアに来た気分です。(行ったことありませんが)

ホテルロビー前のオブジェ、昨日は記念写真を撮る人が多く近くで見られませんでした。

人のいない瞬間を撮りたかったのですがやっぱり無理でした。

美術館のよう。

カジノは一晩中ギャンブルをやっていた人がいました。

カジノで無料のペットボトルの水を調達。

カジノの上の3階の天井。

人の少ない朝にゆっくり見て回るのもいい感じでじっくり見られます。

チェックアウト

10時ごろチェックアウト、ホテルのカードキーを返してあっさり終わり。

日曜日の割にはチェックアウトも3組ほど。

マカオ大橋の出発点の珠澳口岸人工島まで戻るにはT339花城公園からバスにのります。

T339花城公園のバス亭までは1.8km徒歩23分掛かります。

ゆっくり歩きながら街並みをみます。

香港と同じく高層マンションが並んでいます、地震の無い国は高さがすごい。

途中にタイパビレッジを通り抜けます。

タイパビレッジ

タイパ島の官也街(タイパ・ビレッジ)

ストリートぎっしり飲食店などが並んでいます、朝で閉まっているお店がほとんど。

朝から空いているお店で美味しそうなヌードル系がありましたがガマン、ポークチョップバーガーを食べにいきます。

大利来記(ポークチョップバーガー)

昨日、食べ損ねたポークチョップバーガーの名店の大利来記本店がタイパビレッジにあります。

38元と買いてますが香港ドルでも38香港ドルでした。

地元の方と思われる人で満席。

また渋滞にハマる可能性もありゆっくりして居られないのでテイクアウトにしました。

出来立てアツアツ。

お肉が柔らかい、どうしたらポークをこんなに柔らかく焼きあげることができるのか不思議です。

スパイスが染み込んだ豚肉をパンで挟んだだけのシンプルなバーカー、ものすごく美味しい。

日本のファーストフード店にないのが不思議なくらい日本人でも好きな味付け。

これでマカオで食べたかったカニカレー・アフリカンチキン・牛乳プリン・エッグタルト・ポークチョップバーガーと全品たべました。

T339花城公園のバス亭はここから5分程度とすぐ、マカオ大橋を渡り香港空港までは別の記事にまとめました。

11/29~12/2に香港2泊マカオ1泊の旅行でマカオ大橋(港珠澳大橋)を使って往復してきました。 開通して間もないので情報が少なく苦労しましたのでマカオ大橋をシャトルバスで渡る計画をされている方の参考に香港から香港行きの実際の様子をレビューします。

香港国際空港

マカオからの帰りは渋滞もなく順調で12時半には香港国際空港に到着しました。

15:40発で3時間ほど余裕があります、お昼ご飯を食べる前にチェックインカウンターを確認してみましたがまだオープンしていませんでした。

翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)

到着ロビー階の目立つオープンスペースにあります。

時間も十分あるのでゆっくり食事ができます。

注文票に書いて店員に渡すだけです、メニューは日本語、英語、中国語がありました。

小籠包(40HKD)x2

肉汁たっぷりで意外に美味しい、空港にあるチェーン店で期待してませんでしたが美味しいです。

チャーハン(90HKD)高い。

超パラパラのチャーハンです、お米自体がインディアカ米でパラパラです。

チャーハンはパラパラいいとよく言いますがこれはレベルが違います。

味は悪くないですがパラパラ過ぎます。

上海排骨麺(68HKD)

想像したパーコ―麺とは違いました。

麺はそうめんのように細くスープは薄味の鶏ガラベース。

あっさりして美味しい。

別皿できた排骨、これはイマイチ。

豚の唐揚げ的な感じでパーコ―的要素がありません。

坦々麺(62HKD)

少しパクチーが入ってます。

このスープ、坦々麺なのにゴマより酸味が強く間違って酸辣湯(サンラータン)が来たのかと思いました。

麺は細麺で酸っぱいスープとあいます、好みが別れると思いますがすっぱい坦々麺は美味しい。

ゴマ風味の酸辣湯が一番近いイメージ。

水餃子(42HKD)

もちもちで普通に美味しい。

翡翠拉麺小籠包と名前に小籠包が入っているだけのことはあり小籠包は特に美味しいかったです。

サービス料34HKDでトータル376.20HKD。

空港価格で割高でしたが香港最後の食事としては良かったです。

バニラエアチェックイン

チェックイン前に荷物が重さをチェック、6.97kgとバッチリです。

日本では荷物の重さを厳重に図ってましたが香港ではノーチェックでした、スーツケースの人もノーチェック。

バニラエアで定刻で出発、成田空港20:45に無事について

3泊4日の香港マカオの旅行は無事に終わりました。

まとめ

奥さんと娘(22才)と3人で香港とマカオ3泊4日、現地で使ったお金も合わせて総額21万円、1人7万円で満喫してきました。

香港のビクトリアパークは優先搭乗のツアーを頼むべきでした、旅行先での待ち時間はもったいないです。

マカオ大橋は便利ですがマカオ側の珠澳口岸人工島からホテルのシャトルバスが出るようになるまではフェリーの方がいいとおもいます。

マカオで宿泊するなら奮発して豪華なホテルに泊まるのをお勧めします、ホテル代を抑えるなら日帰りで香港に戻った方がいいと思います。


その他

スポンサーリンク

ボヤジン(楽天グループ)は現地からでも予約できるツアーが満載。

チケットはメールで送られて印刷不要、スマホ画面でOK!

香港の体験一覧はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする