wordpress内部リンクを貼るとコメントが届く。

シェアする

初心者にとってwordpressでサイト構築をしていると「?」がいっぱいありますがコメントの承認待ちで初心者的な間違いをしてました。

WordPressで内部リンクを貼るとダッシュボードのコメント欄に承認待ちメッセージがきます。

中身は自分の内部リンクを貼ったタイトルが表示されています。

自分のサイトなので良く解らずに承認してましたがこれはセルフピンバックと言う機能で承認しないで削除するが正解でした。(恥ずかしいです。)

スポンサーリンク

セルフピンバックとは

WordPress同士でリンクを張ったことをリンク先に自動で通知するピンバックという機能があります。

両方のサイトがWordPressの場合に動作する機能で他のサイトにリンクを貼った時にリンクを貼ったことをそのサイトの管理者に自動で知らせてくれる便利な機能です。

自分のサイトにリンクが貼られた時は自分のサイトにコメントとして送られてきます。

WordPressのデフォルトではピンバックを送受信する設定になっています。

この機能は自分自身のサイト内でリンクを貼った時にもピンバック機能が働いてしまいます。

これを「セルフピンバック」と言います。

clip_image001

こんな感じで届きます。

承認すると

clip_image001[5]

ブログのコメント欄にピンバックとしてフィードバックされ相互リンクした様になります。

恥ずかしい状態でブログ公開していました気が付いて良かったです。

セルフピンバックを止めるには

ピンバック自体を止める

設定画面1

「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」という記述部分のチェックを外します。

ただし、他サイトへのピンバック送信も停止されてしまいます。

相互リンクされる可能性が消えてしまいます。

SEO的にも相互リンクは重要です、「自分のサイトにはピンバック送信しない」みたな設定が欲しいところです。

プラグインを使う

調べるとセルフピンバックを防ぐプラグイン「No Self Pings」が多くヒットします。

clip_image001[7]

いつものプラグイン頼りでこれを導入する事にしました。

特に設定もなく通常のプラグインのインストールです。

「プラグイン」→「新規追加」→「No Self Pings」検索→「いますぐインストール」→「有効化」

初心者にはオススメです。

functions.phpを編集する

functions.phpにコード追加してセルフピンバックを止める方法です。

 wodrpressのサポートフォーラにあります。

  image

あまりプラグインは使いたくない方向けです。

コード修正には少しづつトライしていますが怖くてまだまだプラグイン頼りです。

内部リンクのセルフピンバック対策でした承認待ちで困ったいる方是非試してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする