COMSAのキャンプファイヤー騒動で関連銘柄の株価に影響?

シェアする

COMSA購入を一旦見送り、静観するつもりでしたが思わぬところに影響が出る可能性が出て来ました。

保有しているフィスコ(3807)の株価が順調に上がっていたのに下落し始めました。

フィスコ

引用元:(株)フィスコ【3807】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

順調に上昇して10月4日に503円を一旦つけてから急に下落中です。

フィスコ(3807)はICO関連銘柄でCOMSAにも出資しています。

9月に331円で200株購入し順調に上昇しワクワクしてましたが急激に下落し始めました。

100株だけ利確売りしましたが全数売るか迷うところです。

2017-10-05_09h38_26

残り100株の損益もどんどん減っています。

この下落が上がりすぎの調整なのかCOMSAのキャンプファイヤー騒動でICOなどのへの不安材料として逃げ売りなのか?

情報収集のためCOMSAのサイトを確認すると「+14%ボーナス」の期間が10/5 15:59まで延期されていますが9:30現在メンテナンス中です。 2017-10-05_08h33_30

1日程度期間を延長してもメンテナンス中では参加できません。

システムが安定するまで大幅に延長しないと混乱は収まらないのではないでしょう。

ICOの未来の為にも早く収拾してほしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする