Bankera(バンクエラ)ICO買いました。

シェアする

株式の世界の新規上場株IPOにあたる仮想通貨版のICOが話題になってます。

そこでプレオープンICOのバンクエラの仮想通貨Banker(BNK)を試しにビットフライヤーからビットコイン1万円分を送金して買てみましたのでバンクエラの買い方をご紹介します。

スポンサーリンク

はじめじに

ICOとは

株式の世界の新規上場株IPOの仮想通貨版のICOです。

簡単言えばこれから新規に発行する仮想通貨を事前にお安く売りますよって事です。

株のIPOでも上場するとIPOでの購入価格より上がる事が多く仮想通貨のICOでも値上がりを期待してオープン前の仮想通貨を購入して利益を上げようと注目されています。

最近、株のIPOはとても人気で抽選でなかなか購入できませんがICOは始まって間もないため情報さえ早くつかめれば購入が可能です。

仮想通貨ではビットコインやイーサリアムが有名ですが現在700種類以上あると言われておりどんどん増えてます。

uqichiran

そして怪しい仮想通貨もどんどん発行されています。

バンクエラとは

日々増える仮想通貨のなかでバンクエラがなぜ注目されているのか?

それはバンクエラが仮想通貨初の銀行を目指しているからです。

これまで仮想通貨はウォレット(財布)に入れているだけです。

銀行のように貯金や各種決済やローンなど業務を行う会社はありませんでした。

仮想通貨取引所のビットフライヤーなどもウォレット(財布)になります。

バンクエラの業務

バンクエラはブロックチェーン時代のためのデジタルバンクです。従来の銀行の役割を担うバンクエラは、以下3つのサービスを提供します。 お支払 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。 ローンと預金 ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。 投資 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

出典: bankera.com

身近かな所では貯金が最初のメリットです。

ウォレット(財布)に入れていても増えませんが貯金ですので利息が付きます。

バンクエラがローンや各種決済事業で得た利益の20%がBanker(BNK)保有者へ分配されます。

BNK保有者は所有するBNKの割合に応じた仮想通貨が利息として分配されます。

銀行と同じすが利率では無く利益の20%が保有者へ分配されます。

バンクエラが儲かれば分配される仮想通貨が増えると言う事です。

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。

出典: bankera.com

バンクエラのICOはプレICOICOの2つの期間にわかれています。

プレICOは8/28から開始されていますのでBNKトークンが先行して購入が出来ます。

プレICOで発行されるBanker(BNK)は25億BNKに設定されていて売切れれば終了します。

2017-09-12_09h13_01

プレICOの期間は8月28日〜9月28日ですが発行上限である25億BNKに達した時点で終了となります。

9月12時点で23億を超えています9月28日前に上限に達する可能があります。

プレICOでの購入がお得

2017-09-12_09h07_07

プレICOは1BNK = 0.01ユーロに固定でICOはプレICOの売れ行きによって価格が設定されます。

プレICOで25億BNK売れた場合ICOは0.17ユーロとなり始めから1.7倍となります。

ICOの期間は10月半ばから11月の初めまで予定していて売り出すBNKの量はプレICOでの発行数を0.1で割った数で10倍量です。

プレICOで25億すべてのBNKが発行されればICOでは250億のBNKがハードキャップ(上限)に設定されることになります。

 仮想通貨Banker(BNK)の購入方法

プレICOは SpectroCoin で行われますので、BankeraのトークンBNKを購入するためにSpectroCoin アカウントを予めお作り下さい。

出典: bankera.com

BankeraのトークンBNKを購入するためにSpectroCoin アカウントを作る必要があります。

SpectroCoin口座作成

SpectroCoin(スペクトロコイン)に口座を作るのはメールアドレスの登録だけで簡単です。

2017-09-12_09h38_16

 すると登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、メールに添付されているURLから再度ログインすると登録完了です。

2017-09-12_09h43_22

設定したメールアドレスパスワードを入力してログインで登録は完了です。

BNKを購入

2017-09-12_09h55_26

ログインしアカウントをクリック。英語表記の場合、地球マークをクリックすると日本語が選択できます。

2017-09-12_09h52_54

現在日本円での入金が出来ませんのでビットコイ ンを送金して入金します。

2017-09-12_10h03_13

赤枠のを「ビットコインを入金する」クリック。

2017-09-12_14h26_10

ビットコインの入金用アドレスが表示されます「写し」をクリックすると、ビットコインアドレスがコピーされます。

入金用アドレスを間違えるとコインが消失しますので注意が必要です。

ビットフライヤーからビットコインを送る

ビットコイン取引所によって異なりますがビットコイン送金機能を使います。

自身で使っているビットフライヤーを例にして紹介します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ログイン」→「入出金」→「BTCご送付」

2017-09-12_14h51_12

ラベルは解りやすい好きな名前でOKです。

送り先の取引所の名前「SpectroCoin」にしました。

「新しいビットコインアドレス」に先ほどコピーした入金用アドレスをペーストして追加します。

2017-09-12_15h02_48

送り先が追加されます、次回送金はラジオボタンのチェックで送金できます。

2017-09-12_15h07_59

「送金数量」に送るビットコイン数量を入力します。

「日本円参考総額」に送金時点のレートが表示されます。

始めてですので0.01BTC/日本円5,000円を送ってみました。

「ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)」をクリックします。

ここで送金先アドレスが間違っていた場合コインが消失しますちょっとドキドキです。

2017-09-12_15h23_58

SpectroCoinの口座にビットコインが反映されるのを待ちます。

0.01BTCを2回に分けて送ってみましたが1回目は30分・2回目は5分と時間はバラバラでした。

SpectroCoinでBankを購入

あとはSpectroCoinに送ったビットコインでBankを購入します。

2017-09-12_15h58_00

あと少しです。

2017-09-12_16h02_56

  1. 画面上部の「両替取引」をクリックします。
  2. 「両替するアカウント」でBTCを選択
  3. 「お受け取りアカウント」でBNKを選択
  4. 購入に使用するビットコインの数量を入力
  5. 「送信する」をクリック

2017-09-12_16h11_02

「承認する」をクリックして完了です。

2017-09-12_16h13_40

仮想通貨の銀行は始めての試みなので宝くじを買った気分で試しに1万円程度を購入しましたが情報を集めて追加で購入を予定してます。

興味がある方は参考にしてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする