ビットコインにはリスクヘッジ方法がない。

シェアする

ビットコイン(BTC)が乱高下していますね、12月半ばの1BTCが220万から120万へ下落。(2018/1/26)

120万円でも高いと思います、トレンドラインで行くと現在100万程度が妥当な金額では無いでしょうか?2018-01-25_14h33_191

https://bitflyer.jpのチャートより

投資初心者には高い授業料です、完全に騙し揚げで空売りトレーダーの肥やしです。

90万/1BTC程度の時ほとんど決済したのでちょっと早かったなと後悔はしますがリスクヘッジ方法が思い浮かばないので仕方ありません利確して始めて儲けですから。

仮想通貨の掲示板で「大損したー!」「詐欺!」とかひどいのはコインチェックのCMに出ただけで「出川のせいで損した皆さん、ご愁傷様です」出川さんいい迷惑です。

仮想通貨の投資はFX(外国為替証拠金取引)と同じゼロサムゲームです。

必ず誰かは損をします。

リスクヘッジをしないで大事なお金をかけること自体凶器の沙汰です。

スポンサーリンク

仮想通貨のリスク

ビットコインをはじめ仮想通貨を最近始めた方はそもそも投資初心が多い様で損失が出る事を考えいない様です。

FX(外国為替証拠金取引)のワードで関連キーワードを検索すると手法やリスク関係のワードが多く検索されます。

2018-01-26_09h10_13  2018-01-26_09h06_49

関連キーワードより

特に「り」の項目では「両建て」「利回り」「リスクワード」がありますがビットコインでがありません。

「リスクワード」がないのは象徴的的です、リスクワードとは勝率の事でFXは勝・負を前提に売買しており負けの損失をいかに減らすかは投資の重要な要素です。

ビットコインを買っている方は負けることは考えてない様です、面白いのは仮想通貨の関連ワードで「ガチホ」があります。

検索すると「ガチホが最強」「ガチホが正解」などの記事がザクザクでます。

リスクヘッジ

投資初心向けにリスクヘッジ方法をピックアップしてみました。

  • ビットコインのショート(空売り)
  • トレール注文(IFD・IFO・OCO)
  • 逆相関関係を保有する
  • 分散投資

ビットコインのショート(空売り)

ビットコインをショートして下落時にショート分の利益でカバーする方法、両建てです。

両建はリスクヘッジに意味がないと言うトレーダーも多く賛否両論あります。

私自身、レンジ相場の多いFX(外国為替証拠金取引)では両建は頻繁に行いますがこれまでのビットインの動きでは両建のするタイミングと外すタイミングがつかめません。

そもそも、現時点でビットインの動きを予想するインジケータがありません。

SNSなのどで「一目均衡表の雲抜けた」とか「ボリンジャーバンドが+3σタッチした」とか見かけますが振り返ってみると全然当たってません。11月~12月一か月近くずっと+3σタッチしてました。

初心者には両建はちょっと難しい感じです。

トレール注文(IFD・IFO・OCO・IFOCO)

利確する価格を設定して値動きに合わせて利確金額を自動的にスライドしたり損切したりする注文方法でいろいろあります。

bitFlyerではトレーディングスストップと言い値動きに合わせて予め設定した価格でストップ注文を出す方法で一度の注文で複数の指示をします。

他にもIFD・IFO・OCO・IFOCOなどいろいろな組み合わせがあります。

何度か設定しましたがビットコインは値動き激しいのですぐに引っかかり思う様に利益を伸ばすのは難しいです。

しかし、両建よりはマシで大きな損が出るのは防げます。

FXなどでこれらの利確ポイントや損切ポイントの感覚を磨いてからでないと難しいです。

逆相関関係を保有する

FX(外国為替証拠金取引)ではかなり有効なリスクヘッジ方です。

例えばAUD/USDが上がったらEUR/AUD下がるなど逆の動きをする物をペアを持ちます。

ビットコインでは一時、ビットコインキャッシュと逆相関関係があるような動きをしてましたが現在は同じ動きです、ビットコインが下がればほとんどの仮想通貨が下がってます。

最近では金と逆相関関係があるのではと思っています。

2017/12/13あたりまで金相場は下がり続けていました、そして17日ごろから上昇をはじめ現在も上昇中です。

2018-01-25_16h51_05

BullionVaultのチャートより

完全にビットコインの暴落時事と重なっています。

金を売ってビットコインを買い、ビットコインを売って金を買うトレーダーが多い可能性は高いです。

しかし、今回偶然の可能性もあります。ちょっと注目点です。

この逆相関関係に確信ができたらビットコインへの投資を少し増やしてもいいと思ってます。

分散投資

やはり初心者にはこれが一番と思います、ビットコインや仮想通貨だけに資金を投入しないで株式やリートなどに分散して投資して仮想通貨はそのうちの何パーセントかを振り分ける。

個人的には運用資産の5%未満と見ています。

貯金全部ではなく、無くなっても困らない額が運用資産です。

まとめ

ビットコインは金融商品としてはできたばかりです、先物取引も始まりこれからもっと値動きが大きくなる可能性があります。

空売りトレーダーは経験のない投資家を狙っています。

現時点では有効なリスクヘッジ方法は無いようです、宝くじや馬券を買う程度の気持ちで臨むしかありません。

株式相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」と言う言葉があります。

「頭」と「尻尾」は高値や底値での売買は難しいくまだまだ上がるともっても決済して頭(高値)分はあきらめると言うこうとです。

十分気を付けてください、投資は欲を出さないことが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする