香取神宮を参拝して魚平食堂でボリューム満点の海鮮丼を頂く。

シェアする

タイトルは「香取神宮を参拝して・・・」としていますが香取神宮に行ってから魚平食堂に行ったからで本当の目的は魚平食堂で海鮮丼を頂くことです。

遠方に美味しいもを食べに出かけた時はついでに近くに見るものは無いか探しておりあくまでも食がメインです。

そんな訳で香取神宮の事はちょっとです。

スポンサーリンク

香取神宮

佐原香取ICを降りてすぐ駐車場も無料です。

平日の午前中で人もまばら。

珍しく本殿は黒に金。

重厚感のあるシブい社殿。

2014年に大改修され色彩鮮やかです。

勝負事にご利益があるそうでがどの神社でも参拝する時は「家族の健康」です。

要石

有名な凸型の要石、パワースポットです。

ついでに来たのはもったいないぐらい見どころがありますがお腹が空いてきましたのでサッと見ただけ。

参道の入口の草団子にも心が惹かれますが今日のメインの魚平食堂へ向かいます。

魚平食堂

香取神宮から車で20分程度です。

駐車場もあります。

カキの殻がいっぱい。

綺麗で立派な入口がありますが何故か左が入口です。

中はお魚屋さんす。

お魚屋さんを抜けて食堂へ。

店内

平日の12時前でまだ空席がありますが12時過ぎには満席になりました。

お目当ては海鮮丼★ボリューム有★1,600円

表に千葉から生カツオ入荷と書いてあったので鰹刺身定食1,000円と海鮮丼を奥さんとシェアして食べます。

海鮮丼★ボリューム有★

インスタなどで事前に見てましたが実際にみるとやはりデカい!

厚切りのお刺身が山のように乗ってます。

ブリ・マグロ・カツオ・ハマチ・サーモン・イカ・サバ・ネギトロとてんこ盛り。

写真と撮ったら急いでお刺身をお皿に避難させます。

山盛りのお刺身で下のご飯が食べられないだけでなく魚平食堂さんの海鮮丼のご飯はアツアツご飯です。

お刺身を避難させないとご飯の熱でお刺身が温まってしまいます。

避難用のお皿が一緒に出されているのでこの食べかたがお店の推奨でしょう。

下のご飯も大盛で普通のご飯にゴマと海苔

個人的には海鮮丼には冷えた酢飯の方が好みです。

すべてのお刺身をお皿に移したので大盛ご飯の刺身定食に変身。

肝心をお刺身は厚切りで脂がのって美味しい、さすがは魚屋さんって感じです。

関東では珍しくサバのお刺身がありました。

酢〆ではなく生のサバのお刺身です、福岡に住んでいた時はサバの刺身をよく食べますしたが関東で食べたの初めて。

やっぱり美味しいい。

小食の女性などはちょっと完食は難しいほどのボリュームです。

鰹刺身定食

店内には勝浦から入荷と書いてありました、冷凍していない生です。

綺麗な赤身です。

新鮮で美味しく薬味のミョウガと食べるとまた一段と美味しいい。

まとめ

魚平食堂さんは山盛りの海鮮丼で有名ですがお刺身自体のクオリティが高い。

後から来たお客さんたちはリピータのようで刺身定食にカキフライを追加してました、チラッと見たカキフライが大きくて美味しいそうでした。

東国三社巡りなどのランチにもよさそうでリピート決定です。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 小見川駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする