ハーブ鶏って何?

シェアする

スーパーの鶏肉売り場でハーブ鶏を売っているのを時々見かけます。

鶏肉にハーブをつけた加工食品ではなく○○地鶏的な感じで鶏肉に国産ハーブ鶏と記載してある鶏肉のことです。

有名なところではケンタッキーの「国産ハーブ鶏を使用」と宣伝してので一度は聞いたことあると思います。

ケンタッキーのHP

「ハーブ鶏」はハーブを食べさせて育てた鶏であることは想像できるのですがエサ「全部ハーブ?」「ハーブを餌に混ぜてる?」「混ぜてるならどのぐらい?」の疑問が浮かびます。

ケンタッキーさんはハーブの有無に関係なし大好きですが、ハーブ鶏の定義について気になったのでちょっと調べてみました。どうでもいいことですが(笑)

ケンタッキーさんのHPでは

「与えるエサはハーブ原料を含んだもので、脂肪や鶏肉独特のくさみが少ないおいしい鶏に育ちます。 さらに肉質がやわらかい生後40日前後の若鶏を使用しています。」

記載されています。




エサにハーブが混ぜてあり全部ハーブではありません。当たり前ですがバジルやルッコラだけで育つ訳がありません。

ではエサに入れるハーブの割合や種類に定義はあるのでしょうか?

JAS(日本農林規格)のサイトでも銘柄鶏や○○地鶏については定義はあるのですがハーブ鶏の定義は無さそうです。

ちなみ「地鶏肉」については明確に「由来血液百分率が  50%以上の・・・」と記載されています。在来種についても書かれています興味のある方見てください。

どうもハーブ鶏には明確な定義は無いようです。

ただし、全国にはいろいろな銘柄鶏があり「一般社団法人日本食鳥協会」の全国の地鶏銘柄ガイドのページに「○○ハーブ鶏」と名前にハーブが付いた鶏が数種類あります。

美味しそうな鶏がいっぱいです。

これらはブランド鶏としてエサにまぜるハーブ種類や量を厳格に決めいるお思われます。

結論

エサにハーブがすこしでも混ざっていればハーブ鶏と書いても問題なさそうです「ハーブ」の言葉の響きに騙されないで商品を選ぶ必要があります。

しかし、美味しそうに聞こえる「とてもいいキャッチコピーです。」

余談ですが「京都○○」と名前に京都がつくと薄味の上品なイメージですが「京都ラーメン」はかなり濃いとんこつラーメンです。

さっきケンタッキーさんのHP見たので食べたくなった今日はケンタッキーフライドチキンを食べようかな!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村